2016/03/01(火)

3月1日(火) 卒業式を盛大に挙行しました。

3月1日(火)第20回卒業証書授与式を盛大かつ厳粛な中挙行されました。

暖かな日が続き、春の兆しも感じられる週末から一転して、小雪降る寒い天気の中の卒業式となりました。

蔵王町長村上英人様はじめ多数のご来賓の方々にご臨席いただきました。

小松校長先生から卒業証書を各クラス代表に授与されました。

小松校長先生の式辞の中でも、そして村上町長のご祝辞の中でも、共通した言葉がありました。

卒業生の皆さんは今年の選挙から、投票権が与えられます。

自覚と責任を持って臨んで欲しい。」ということでした。

社会の変化の激しい中、蔵王高校で培った力を発揮してそれぞれの道を歩んで欲しいと思います。

詳しくは3月末発行「蔵王高校通信」をご覧ください。

卒業式の写真を掲載しましたのでそちらもご覧ください。
「卒業式写真」(PDF)


2016/02/19(金)

2月19日(金)「予餞会」を行いました。

2月19日(金)3、4校時に予餞会が行われました。

生徒会が中心となって企画し、卒業する3年次生に向けて、軽音楽部の発表、部活動の後輩から先輩へのメッセージや、卒業生から担任の先生方へ感謝の言葉を伝えました。

予餞会1
予餞会2

『今年度は新企画として、卒業生VS在校生による対決コーナーがあり、コーラ早飲みや激辛カレー早食いを行いました。結果は3年次生チームが見事2勝し、卒業生としての貫禄を見せました。

クライマックスにはこれまでの3年間の写真を使ったスライドショーが流され、3年次生のみならず1、2年次生も感傷にひたっていたようでした。

冒頭では「NO MORE 映画泥棒」ならぬ「NO MORE 思い出泥棒」も登場し、笑いを誘っていました。

例年になく、笑いあり涙ありの予餞会で卒業生を送り出すことができました。


2016/02/19(金)

『進路報告会』を開催しました。

進路報告会1
進路報告会2
進路報告会3

2月19日(金)進路報告会を実施しました。

卒業後の進路を決定した3年次生が、1・2年次生に向けて自らの体験などを話すものです。

報告をしたのは大学、専門学校、就職の3つの分野から選ばれた3年次代表の20名で、1年次はクラスごと全ての分野からの報告、 2年次は分野ごとに分かれてより詳しい報告がありました。

2年次大学分野の会場では全体報告のあと個別の面談を行ったり、同じく就職分野では聴く態度について先輩が直接後輩を指導したりと、白熱する場面も見受けられました。。

この行事は、先輩から実際の試験の様子や準備についてのアドバイスを聞くというのが1、2年次生にとっての大きな目的ですが、発表する3年次生にとっても有意義な行事です。

それは進学後も就職後も人前で筋道を立てて話をしたり、質問に答えたりする機会があるからです。

1度でもこういう場面を体験していると自信につながります。

報告をした3年次のある生徒は、代表に選ばれ発表する機会を得たことをとても喜んでいました。


2016/1/22(金)

「卒業後に役立つセミナー」がありました。

卒業セミナー1
卒業セミナー2
卒業セミナー3
卒業セミナー4

1月22日(金)の5時間目の蔵王タイムを活用して、「みやぎ高校生入社準備セミナー」と「進学フォローアップセミナー」を実施しました。

「入社準備セミナー」は、講師の北井一行様(J-STM)をお迎えして、ビジネスマナーの基本を中心に話をしていただきました。

特に『情動伝染』や『鏡の法則』、仕事で悩んだり困ったりしたときは「一人ではないので誰かに相談すること」などは本当に参考になりました。

「進学セミナー」は、講師の羽根田建志郎様 (ライセンスアカデミー)から,進学前の心得と就職活動の大切さを、意見交換を交えて有意義に話をしてもらいました。

6校時目は3年次全員で「金融セミナー」の講義をうけました。

どのセミナーも有意義で将来に役立つ内容でした。今後の参考になりました。

<取材協力/3年次・進路指導部>

2016/01/19(火)

3年次 現代社会「年金教室」を実施しました。

1月19日(火)3年次生徒に「年金教室」を行いました。

これは、ここ3,4年間、租税教育の一環として、日本年金機構の職員を講師に現代社会の時間を利用して 行っているものです。

職員の方がカラー印刷の持参資料と、映像を使いながら生徒に年金制度について説明していました。

生徒もメモをとりながら聞いていました。

年金制度については近年、給付開始年齢の引き上げなど大きな改変が行われ、また、公的年金制度への見方も厳しくなっていますし、 教職員にとっても共済制度の廃止など大きな影響をうけているのが現状です。

こうした現状を踏まえ、生徒にどのように教育していくかさまざま模索している中で、現場の職員の考えを聞けるよい機会ではないでしょうか。


2016/01/18(月)

『子育て体験学習』を行いました。

1月18日(月)助産師の田村雪子先生をお招きし,「子どもの発達と保育」の授業で子育て体験学習を実施しました。

子育て体験1
子育て体験2
子育て体験3

先生の体験談も交えながら,自分を大切にすることの必要性,命の大切さ,いつ結婚し,いつ子どもを産むべきかについてなどを,大変分かりやすくお話いただきました。

その後,赤ちゃん人形を使っての抱っこやおんぶ,沐浴体験,妊婦体験をしました。

参加した生徒達は,「楽しく体験ができ,とても勉強になりました。」「妊婦さんの大変さが分かりました。」「妊婦さんには周りの気配りが必要だと思います。」「将来子どもができたら教えてもらったことを生かしたいと思います。」等の感想を寄せていました。


2016/01/08(金)

平成28年 新年を迎えて 全校集会

新年全校集会1

1月8日(金)好天の中、生徒全員が元気に登校してきました。新年を迎えて、冬季休業明けの全校集会が開かれました。小松校長先生の講話では、今年の目標を持って、その目標を達成するには地道な努力が欠かせないことをお話していただきました。

講話では、江戸時代、正徳の治で知られる新井白石ですが、彼の父親は、勉強嫌いな白石に米櫃から米粒一粒を取って持ってきても、一粒だけでは減っていることは分からず、1ヶ月、1年と経てば減っていることはよく分かる。逆に米櫃に一粒ずつ入れて増えていくのも1ヶ月、1年経てば分かっていくことで、毎日の小さな努力が大切であること教え、白石はこの教えに従って努力したということを話されました。野球のイチロウも幼いときから、厳しい練習を積み重ねて一流の選手になったことも話されました。

生徒一人一人が今年の目標を決め、毎日の努力を積み重ねて欲しいと思います。

最後に全員の校歌斉唱で全校集会を終了しました。

今年も蔵王高校の情報をできるだけ多く発信いたしますので、よろしくお願いいたします。


2016/01/08(金)

平成27年度 第2回漢字グランプリ表彰式

1月8日(金)、冬季休業後の全校集会に先立って「第2回漢字グランプリ」表彰式が行われました。 昨年末に漢字のテストを全校一斉に行いましたが、その結果は以下のとおりです。

漢字グランプリ1
 
【団体の部】 優勝 2年3組 準優勝 2年2組
【個人の部】 優勝 佐藤 優雅さん(3年2組)
                  準優勝 木須 千晴さん(2年3組)          
              3位 尾形 敏晴君 (3年3組)

次回の漢字グランプリでは、クラスの団結力を発揮して優勝を目指して頑張って欲しいと思います。


2015/12/17(木)

「手話」の発表を行いました。

12月17日(木)、職員室において、授業の「手話」を選択している生徒の皆さんが手話によるクリスマスソングを披露していただきました。先生方から大きな拍手をいただきました。

手話1

2015/12/17(木)

平成27年度 全国高等学校ゲートボール選手権大会に参加しました。

12月12日(土)、山口県きらら博記念公園多目的ドームにて開催されました。

全国から15校が参加しました。

本校からは男子3名(跡部友也君、加藤悠祐君、横田隼星君)が参加し、予選リーグを戦いましたが、1勝3敗で決勝までには進むことができませんでした。

決勝進出の目標は次年度以降にお預けとなりました。結果は以下のとおりです。

全国ゲートボール選手権1
全国ゲートボール選手権2

2015/12/6〜9

平成27年度 修学旅行について

修学旅行1
修学旅行2
修学旅行3
修学旅行4

12月6日に関西方面へ3泊4日の日程で仙台空港を出発しました。

集合時間に誰一人遅れることもなく予定していた63名が参加し、12月9日に無事全員が仙台空港に到着することができました。

4日間とも天候に恵まれ、3日目に行った金閣寺では、ガイドさんも「今まで見てきた中で一番美しい〜」と絶賛する程でした。

この3泊4日の間、楽しいことや辛いこと色々とあったと思いますが、よく頑張って乗り越えてきたと思います。

この経験は、自身の将来に繋がる貴重な経験となったと思います。

今回の修学旅行で、生徒達が自分で収入を得るようになってから、恋人や家族とまた行ってみたいと思える旅行になっていてくれたらと願うばかりです。

修学旅行の想い出は、写真集としてまとめましたので、↓ご覧ください。

「修学旅行想い出写真集(PDF)」

<取材協力/2年次>


2015/12/18(金)

ゲートボールNavi(情報誌)に掲載されました。

5月に地元蔵王町で開催されました第30回全国選抜ゲートボール大会(日本国内最大規模のゲートボール全国大会・日本ゲートボール連合主催)にボランティアとして協力しましたことや全国ジュニア大会に4年連続出場したことなど、本校の取り組みが紹介されました。

「ゲートボールNavi 」2015年号 平成27年12月発行 10ページ〜11ページ

「ゲートボールNavi(情報誌)(PDF)」

2015/11/20(金)

11月20日(金)後期あすなろ会総会・家庭クラブ総会開催しました。

あすなろ会の新執行部役員による後期総会が行われました。

後期あすなろ会1

生徒全員で学校全体の問題を検討し、よりよい学校をつくることを目指しています。

また、各種委員会や各部活動の活動状況を確認し、活性化を図ることを目的にしています。

新役員紹介、あすなろ会前期活動報告、中間会計報告、各部活動・委員会活動報告の後に、新執行部の活動計画、前期あすなろ会総会の決定事項の確認、行事の見直しについて議事が行われました。 活発な議論が展開されました。

<取材協力/生徒部・家庭クラブ>

2015/11/16(月)〜11/19(木)

防災教育週間〜活動報告〜

災害発生時に、高校生としてどのような行動をとるべきかを学習するために、防災士の今村幸栄氏(本校PTA副会長)の指導の下、以下の各活動を実施しました。

11月16日(月)、1年次対象に防災講話を行いました。自然災害についての基礎知識を学び、防災意識の向上を図りました。

防災教育1"
防災教育2

11月17日(火)、全校生徒対象に、防災避難訓練を行いました。地震発生から火災発生の想定での訓練、火災の消火訓練も実施し、消火器の使い方も学びました。

11月18日(水)、19日(木)と2年次と3年次の生徒対象に、避難所運営シミュレーションゲーム(HUG)を行いました。

避難所運営に関する基本的事項を理解し、避難所運営に積極的に協力する態度を身に付けてもらいました。

生徒は「避難所運営ゲームではいろいろな理由で逃げてきた人をどこに避難してもらうかを班員みんなで考え分けることができました。何かあった際には役立てたいと思います。」という感想が多かったです。

全ての活動に生徒は真剣に取り組みました。

地域で起こる災害に適切に対処できる姿勢を身に付けることができたものと考えています。

<取材協力/総務創造部>

2015/11/09(金)

ICT機器を利活用した公開研究授業

ICT公開授業1
ICT公開授業2
ICT公開授業3
ICT公開授業4

11月9日(月)ICT機器を利活用した公開研究授業を本校会場に実施しました。

本校では、昨年度から「教育情報化推進委員会」の「ICT学習指導小委員会」が中心となって授業の研究・実践を行ってきました。

授業が分かり、積極的に学習に向かう生徒を育てるために、授業においてICT機器をどのようにして利活用を図っていくか、ICT機器を利活用する授業を増やしていくためには何をすべきかなど、取り組むべき課題を定め、話し合いを重ねてきました。

今回、ICTを利活用した授業の実践について、県総合教育センターの加藤進一先生を指導助言者に公開研究授業、宮城教育大学の安藤明伸先生を講師に「ICTを活用するための心得〜ICTを使って効果を出すために〜」の演題で講演会を開催いたしました。

本校の教員に加えて、県教育委員会、町内の中学校、県内高校の先生方、大学関係の先生総勢60名を超える参加者になり、実り多い研修会となりました。

概略の報告は「宮城県蔵王高等学校通信(平成27年度 第6号・通算第160号)」平成27年11月24日発行(予定)にていたしますので、ご覧ください。


2015/11/01(土)

マラソン大会が行われました。

秋晴れの晴天の下でマラソン大会が行われました。 

日頃の体育の授業で十分に練習しているので、あとは本番で成果を出すばかりでした。

第1体育館で開会式を行い、準備運動をして、いざスタート地点へ。

マラソン大会1

男子は9時45分にスタートし、2回の周回で合計10km。女子は少し遅れて10時にスタートし1周回の5km。

プール前からスタートし校舎西側の裏門を抜けると、落ち葉舞い散る公道へと時折通過する車両に気を付けながら、各自が自分らしく走っていました。すぐに運動部の男子が先頭に立ってレースをリードしました。

先頭が松川橋手前を左折し、学校の正門まで戻る頃には、男子は松川橋付近をほぼ全員が通過しました。

男子の先頭が運動公園を過ぎる頃に女子がスタートし、女子は先頭に飛び出す生徒がなく、十数人が集団となって一団をつくっていました。

マラソン大会2

公園を過ぎた後は、こもれび温泉を左折して、しばらく走って裏門に戻って周回終わり。

男子の先頭が2周目に入ると、5人ぐらいが集団から抜け出しました。そして、男子の半数以上が2周目に入る頃には、女子の先頭が一足先に次々にゴールし順位を確認して、もらったペットボトルを一口飲んでVサイン。

今年もクラス賞がかかっているため15位まで入賞できなくとも、少しでも順位を上げるためにサボるわけにはいきませんでした。

制限時間が男子100分、女子50分と設定されているので、制限時間内を目指して、ゴールしていない生徒は残り時間を気にしながら最後までできるだけ走っていました。

今年は男子ほぼ全員が制限時間内にゴールし、女子も全員が無事にゴールしました。  着替えてからしばらくすると、お待ちかねの “あったか〜い芋煮”でした。

マラソン大会3

PTAの有志の方々のご協力で、前日の夕方からお手伝い頂き、あすなろ祭のバザーの収益金で材料などを調達し、生徒だけでなく教員にも配って頂きました。ありがとうございました。

午後に第1体育館で、表彰と閉会式を行い。

男女別1位から15位までが表彰され、校長先生からメダルを首にかけて頂きました。

マラソン大会4

クラス表彰は、優勝が2年次3組。2位、3位も2年次が獲得し、チームワームの良さを示しました。

実際に走った生徒だけでなく、走れなかった生徒も他の役目を果たして頑張りました。

体育委員をはじめ、みなさんお疲れ様でした。

<取材協力/体育科>

2015/10/23(金)

『ネット被害未然防止対策講演会』を実施しました。

ネット被害防止1
ネット被害防止2

10月23日(金)LHR(ロングホームタイム)でネット被害を未然に防止するための講演会を実施しました。

県警察本部のサイバー対策室の糸井様から講話をいただきました。

携帯電話やスマートフォンによるネット上の被害(または加害)がどのようなものであるか実情を把握し、 自分の身を守るにはどうすれば良いか、また、加害者にならないように気をつけること等ネットの最新の問題を学びました。



<取材協力/生徒指導部>

2015/10/16(金)?17(土)

『あすなろ祭』盛大に開催しました。

あすなろ祭1
あすなろ祭2
あすなろ祭3

今年のテーマは、
『ALBUM〜みんなで刻む思い出の1ページ』でした。

今年の『あすなろ祭』も例年に負けず劣らずの盛況ぶりでした。

16日(金)は校内発表でした。吹奏楽部の演奏、授業『手話』を選択している生徒の手話ソングの発表、軽音楽部の演奏、有志団体によるダンス、実行委員会企画によるゲームで全校生徒が盛り上がりました。

17日(土)は一般公開でした。各文化部の教室展示・発表、中庭をメイン会場に吹奏楽部、軽音楽部、有志団体のダンスの発表、実行委員会企画のビンゴ大会、縁日、毎年恒例のお化け屋敷の他に、PTAの皆さんによるバザー・食品販売が行われました。

保護者の皆様や地域の一般の方々、中学生、高校生たくさんの方々にご来場いただきました。

誠にありがとうございました。

一人一人が思い出の1ページを作りあげました。

「あすなろ祭」の写真集(PDF)を作成しました。
・・・◆クリックしてご覧下さい。

2015/10/09(金)

1年次 キャリアセミナー

1年次キャリアセミナー1
1年次キャリアセミナー2

10月9日(金)蔵王タイム(総合的な学習の時間)でキャリアセミナーを実施しました。

生徒の皆さんが様々な職業の中で、多才な経験を持つ社会人の方々と対話を通して、将来の生き方や働き方に対してしっかりとした目標を見いだすという目的で実施しました。

将来の進路について、各自の興味・関心と関連させながら講師の先生方と対話ができたものと思います。

生徒と講師1対1での教室もあり、中身の濃い内容だったようです。

講師の先生方ありがとうございました。



<取材協力/進路指導部>

2015/10/05(月)

家庭クラブ活動

家庭クラブ1
家庭クラブ2

10月5日(月)の放課後に、家庭クラブの活動を行いました。

本校校門を入ってすぐ正面の花壇をパンジーでいっぱいにしました。

さらに、校内中のトイレをキレイに清掃するとともに、花を活けた花瓶を置きました。

気持ちよく学校生活を過ごして欲しいという心のこもった活動でした。

家庭クラブでは、これらの活動の他に『ペットボトルのキャップ』『プリンターのインクカートリッジ』の回収も行い、資源の再利用に積極的に取り組んでいます。

生徒の皆さん、保護者の皆様、地域の皆様もご協力お願いします。


<取材協力/家庭クラブ>


2015/10/01(木)

10月1日(木) アントレ企業訪問

後期始業式の午後に、本校商業科の授業でアントレプレナーシップ企業訪問を実施しました。

企業訪問を通して、社会に対する実践的マナーを学ぶとともに、 この訪問によって考えを深めた商品について研究を進める目的で行いました。

アントレ企業訪問1
アントレ企業訪問2

『ざおうハーブ』さん、『竹鶏ファーム』さんに協力をいただきました。

最初に会社内を見学させていただきました。

そして、どのように商品を開発しているか、どんなところを工夫しているか説明をいただき、生徒も熱心に聞き入っていました。

この訪問を今後の授業に活かしていきたいと思います。

<取材協力/商業科>

2015/10/07(水)

『保健講話』を実施しました。

10月7日(水)に全校生徒対象に、『保健講話』を実施しました。

講師には宮城県赤十字血液センター事業部推進課青木敏明先生をお招きし「健康と献血」の演題で講話をいただきました。

健康の3原則として、『食べること、寝ること、運動すること』の大切さ、血液が健康だと身体も健康であること、いざという時に大切な人の大切な命を救うためには、献血が必要になる場合もあるため常に健康な身体作りが大切であることを話していただきました。

将来、大切な人や親として子どもを救う時のために、献血についての知識を得ようと生徒たちは真剣に耳を傾けていました。


2015/10/01(木)

平成27年度後期始業式・役員認証式

10月1日(木)爽やかな秋晴れが広がりました。後期の始業式が行われました。

認証式1
認証式2

小松校長先生の式辞では、故事成語の『南橘北枳』のお話、『環境によって、善くも悪くもなること。南橘、すなわち美味な江南産の橘(たちばな)を江北に植えると食べられない枳(からたち)に変わってしまうこと。 蔵王高校の環境を生徒の皆さんと教職員で「橘」に育つ環境にしていきましょう。』をいただきました。

続いて、後期からスタートする「あすなろ会(生徒会)」、「応援団」、「家庭クラブ」の役員認証式が行われました。校長先生から一人ずつ認証状が手渡されました。

あすなろ会新会長の青田一歩君は最後に全校生徒に『蔵王高校をみんなで盛り上げていきましょう。』と挨拶をして、全校生徒が一致団結してこれからの学校生活を充実したものにしようとする雰囲気が伝わってきました。