2017/3/27(月)

第11回起業家教育発表会を開催しました。

起業家教育

3月17日(金)に蔵王町ふるさと文化会館 ございんホールにて、本校起業家教育発表会を開催しました。御来賓に県教育委員会高校教育課、蔵王町教育委員会生涯学習課の皆様、並びに保護者の皆様や地域の皆さまをお迎えして実施しました。さらに、輪番になりますが今年は遠刈田中学校の2年生の皆さんにも参加していただいています。

内容@「1学年 大阪商業大学ビジネスアイディア甲子園2016応募作品のプレゼンテーション」

発表者(作品):石上 智暁(盗まれない傘)、遠藤優花(交通安全温麺)、向山侑来(ペーパー&掃除用品収納器)石川千尋(和紙かざり)、平間瑠音(梨のリキュール入りチョコレート)、細谷愛美(お家で手作りうーめん)

内容A「アントレプレナーシッププログラム 企業から出されたミッションに応えるプレゼンテーション」

発表者チーム: ○「チームすてき みんな集合!蔵王ワークショップ〜すてきな私たちとともに 2017サマーコレクション〜」

支援企業:竹鶏ファーム様  発表者:今村翔瑠、齋藤耀映、佐々木楓、遠藤彩香、江原莉央

○「チーム eighteen みんなで作る Happy school lunch」

支援企業:アトリエデリス様  発表者:平栄都、尾形友衣、佐藤蓮、佐藤健太郎

○「チームLiberty 二本目の赤い糸が結ばれる瞬間」

支援企業:ざおうハーブ様  発表者:加藤竜太、國分颯人、今野俊平、高野幸代、佐藤まどか

内容B「ZAP(蔵王あすなろプロジェクト) 1年間の学習報告」

発表者:「1年間の学習報告 〜みやぎ高校生ファーラムより〜」齋藤優二、野口蒼太

「1年間の学習報告」大林穂楓、武田峻、半田雪奈、丸子颯樹

 

3月24日(金)には、審査結果が発表されました。その結果、「1学年 大阪商業大学ビジネスアイディア甲子園2016応募作品のプレゼンテーション」部門では、石川千尋(和紙かざり)さんが最優秀、「アントレプレナーシッププログラム 企業から出されたミッションに応えるプレゼンテーション」では、チームすてきの皆さんが最優秀として表彰されました。

<取材協力/商業情報科>

2017/3/3(金)

卒業式を盛大に挙行しました。

卒業式1
卒業式2

 3月1日(水)第21回卒業証書授与式を盛大かつ厳粛な中挙行しました。春の兆しを感じる暖かな日に、蔵王町長村上英人様、本校同窓会会長齋藤亜弓様はじめ多数の御来賓の方々と保護者の皆様に御臨席いただき、温かい雰囲気の中卒業生を送りました。今年度は吉野隆校長先生から卒業証書を卒業生一人ひとりに授与されました。吉野隆校長先生の式辞の中では、山本周五郎の小説で引用されているアウグスト・ストリンドベリの名言「苦しみつつ、なおはたらけ、安住を求めるな、この世は巡礼である。」を送られました。

 最後には、在校生はもちろん卒業生一人ひとりが蔵王の空にも、松川のほとりにも届く大きな声をだして校歌を歌いました。

 社会の変化が激しい中、本校で培った力を発揮してそれぞれの道を力強く歩んで下さい。

<取材協力/教務企画部 総務担当>


2017/3/3(金)

介護職員初任者研修修了証明書授与式を実施しました。

介護授与式

 2月28日(火)に介護職員初任者研修修了証明書の授与式が行われました。昨年度からこの研修が始まり、2年間の研修と試験を経て、今年初めての9名の生徒が式に臨みました。凜とした体育館で全校生徒と先生方が見守るなか、一人ひとりが呼名され校長先生から介護職員初任者研修修了証明書を授与されました。2年間積極的にそして向上心と協調性を持って大いに学んだ先輩方を見て、次に続く後輩達にも同じように受け継がれていくことと思います。授与された生徒のうち6名が介護現場での就職を希望し、4月から職員として活躍されることが期待されています。

<取材協力/福祉科>


2017/2/24(金)

進路報告会を実施しました。

進路報告会

 2月17日(金)の午後に、1・2年生が進路意識を高め、進路を決定していくために、卒業生による進路報告会を実施しました。進学や就職などそれぞれの進路に決定した卒業生が後輩に報告しました。進路決定までの過程やその時々の気持ち、悩み等を伝えました。

 自分の事や気持ちなど全てを伝え、聞いている皆さんが感動を覚える報告をしてくれた卒業生もいました。これから自分の進路を決定していく中で体験することを、来年はこの場で後輩に伝えたいと意欲的になった在校生もいたようです。生徒主体の素晴らしい企画でした。

<取材協力/進路キャリア形成部>


2017/2/24(金)

予餞会を実施しました。

予餞会

 2月17日(金)に予餞会を実施しました。3年間お世話になった先輩のために、軽音楽部の演奏、各部活動からのメッセージなど在校生が心のこもった温かい会を催しました。卒業生は各担任や主任の先生へ感謝の気持ちを送りました。また、転勤された先生からのビデオメッセージもあり、はなむけの言葉が寄せられました。

 最後には、卒業生の3年間の思い出のスライドショウがありました。入学したばかりで中学生の様子が抜けきれない写真から、大きく成長し自分達で取り組んだ体育祭などの行事で活躍する写真までたくさんありました。在校生も卒業生の姿に感動し、感謝するとともに、今度は自分達の頑張る番だという気持ちを持ちました。

<取材協力/生徒会>

2017/2/7(火)

3年次福祉科目選択者の校外実習

校外実習1
校外実習2

 3年次福祉科目選択者の9名は、2年間にわたる福祉科目の勉強のまとめとして、1月25日(水)と27日(金)に蔵王町にある「ざおうの杜」のディサービスでレクリエーションの実習をしてきました。皆で考えたレクリエーションを、実際にデイサービス利用者さんに披露させていただく試みは今回が初めてです。限られた授業時間と昼休みや放課後を使って準備を進めました。

 「当日は、風船バレーや音楽に合わせて体操をしたり、一緒に写真立てを作ったりしました。風船バレーを担当しましたが、思わず熱中してしまい熱くなったのでうちわで自分をあおぎました。しかし、友達が暑そうにしている利用者さんをあおいでいるのを見て反省しました。それから利用者さんをあおぐようにしたら、コミュニケーションが取れたり周りの状況を把握することができるようになりました。色々な気づきを体験しました」(遠刈田中出身 大野結衣)「これから施設で働くので、常に簡単にできるレクリエーションを身に付けておくべきだと感じました。就職を前にとても貴重な体験ができ、今までよりも人前で何かをすることに自信を持てました」(白石中出身 松野恭奈)

 9名の生徒たちは無事に研修を終了させ、2月下旬には介護職員初任者研修、修了の資格を手にする予定です。 

<取材協力/福祉科>


2017/2/6(月)

平成28年度「みやぎ高校生フォーラム」に参加しました。

高校生フォーラム

 1月28日(土)に県庁で開催された「みやぎ高校生フォーラム−私たちの志と地域貢献−」に参加しました。開会行事では1年生の齋藤優二君が挨拶を述べました。本校のZAPの取組にふれながら、宮城県内の高校生が互いに協力しながら、地域貢献に尽くし、次年度の全国高校総合文化祭と南東北インターハイの成功につなげましょうと挨拶をしました。

 ポスターセッションでは、齋藤優二君と野口蒼太君の2人でZAPの取組を紹介しました。大勢の方々が足を止めていただき、聞いていただきました。

<取材協力/1学年>


2017/1/19(木)

蔵王高校の授業の1コマ紹介C

子育て体験

 1月16日(月)に3年次の家庭科選択科目「子どもの発達と保育」の授業で,みやぎ子育て・女性健康支援センターの助産師 田村雪子さんを講師に「子育て体験学習」を行いました。

子育てについての講話の後には,人形の赤ん坊を使って実際に抱っこしたり,声がけしたり,沐浴やおむつ交換まで体験しました。また,妊婦さんを体験する学習もあり,お腹に重りを身に付けて活動しました。生徒は,子育ての大変さと大切さが理解できたとの感想を述べていました。

 

<取材協力/家庭科>

2017/1/18(水)

1学年で蔵王町「生涯学習出前講座B」を実施しました。

出前講座1
出前講座2

 1月13日(金)に蔵王町教育委員会の生涯学習出前講座の3回目を12月に続いて実施しました。「地域を理解し、地域に貢献する生徒」の育成を目指しての地域学習(ZAP:蔵王あすなろプロジェクト)を行っています。今回は子育て支援課と環境政策課の担当者の方を講師としてお迎えして、3班に分かれて講話を行いました。テーマは「子育て支援について」(子育て支援課),「ゴミの減量とリサイクル」(環境政策課),「蔵王ジオパーク構想について」(ジオパーク推進室)でした。各班の講師の先生方の工夫を凝らした講話に真剣に耳を傾けていました。子育て支援については、生徒たちが活発に話ができるようにカードを用い,生徒は笑顔で活動をしていました。役場の講師の皆さんありがとうございました。 

<取材協力/1学年>

2017/1/17(火)

3年次「スーツ着こなしセミナー」を実施しました。

着こなし1
着こなし2

 1月13日(金)に3年次生徒対象のスーツ着こなしセミナーを実施しました。

 就職や進学をひかえた3年次生徒を対象に、社会人としての第一印象の大切さやマナーを習得することを目的に実施しました。男子生徒と女子生徒に分かれて,スーツの着こなしからメンテナンスの仕方まで、本校生徒男女2名ずつがきちんとスーツを着用した実際のモデルとして,スーツの専門スタッフから分かりやすく説明を受けました。慶事・弔事の着こなしも含めて理解することができました。このセミナーを活かして社会人としてスーツを着こなすことができるように準備していきたいと思います。

<取材協力/3年次>


2016/12/28(水)

「発達と保育(3年次選択科目)」で「親になるための教育推進事業」による講演会を実施しました。

親になるための講演会

 12月19日(月)に「子育て支援を進める県民運動推進事業」(親になるための教育推進事業)として、ともこ助産院 伊藤朋子院長を講師にして、講演会を実施しました。講義「大人になるあなたへ」をテーマに、親になるということ、親になる心構え、妊娠・出産等について学びました。講話の中では妊娠、出産について分かりやすく話していただきました。生命を大切にして、安心して子どもを産み、育てることができる社会を実現するために、卒業間近の生徒達は自分の将来を想像しながら真剣に聞いていました。

<取材協力/家庭科>

2016/12/26(月)

2年次関西方面に修学旅行に行ってきました。

修学旅行1
修学旅行2

 12月11日(日)〜14日(水)に関西方面に、待ちに待った高校生活最大のビックイベントである修学旅行に行ってきました。第1日目は仙台空港から大阪に移動して、海遊館を見学して京都に宿泊しました。第2日目は終日班別自主研修を行いましたが、各班ともに充実した研修でした。第3日目は金閣寺、清水寺を見学して、午後からUSJにて夕方までエンジョイしました。最終日は薬師寺、奈良公園を見学して、夕方には仙台空港に到着しました。思い出に残る楽しい修学旅行になりました。

 生徒の感想の一部を紹介します。「自主研修で訪れた難波では想像していたよりも大阪感を感じ取ることができて嬉しかったです。自主研修で学んだことは人に聞くことは大事だということです。皆さんが分かりやすく教えてくれたので迷わずに順調にできました。」(1組 我妻 美咲さん)「4日目は、薬師寺と奈良公園、東大寺を訪れました。薬師寺のお坊さんのお話がとても面白すぎました。また、お話を聞きたいと思いました。」(2組 小柳 真紀さん)「修学旅行はとても充実して、楽しく色々な事を学びました。3日目に訪れた清水寺では、今年の漢字『金』が飾られていて、すごい迫力でした。」(3組 水上 美月さん)

<取材協力/2年次>


2016/12/20(火)

1学年で「アントレプレナーシップの講師による講演会」を実施しました。

アントレ1
アントレ2

 12月16日(金)に、ZAP(蔵王あすなろプロジェクト「地域を理解し、地域に貢献する生徒」の育成を目指しての地域貢献学習)の一環として、「アントレプレナーシップ(起業家教育科目)」の講師陣による講演会を実施しました。地元を盛り上げている起業家のアトリエデリスの佐々木文彦氏、ざおうハーブの平間拓也氏、竹鶏ファームの志村竜海氏の3人を講師にして、地域を担う熱い思いやコミュニケーションの大切さを話していただきました。

 生徒の感想を紹介します。「おいしい卵を作ることに様々な工夫をされていることが分かりました。知らなかったことが沢山あったことに気づきました。」「蔵王町のことやハーブのことを教えていただきありがとうございました。近くにいても気づかないことがいっぱいあると思いました。」

<取材協力/1学年>


2016/12/16(金)

1学年で「認知症サポーター養成講座」を実施しました。

認知症講座1
認知症講座2

 12月14日(水)に「認知症サポーター養成講座」を蔵王町地域包括支援センター代表の保健師 岡本裕子氏を講師に実施しました。講義では4大認知症の症状などについて理解を深め、認知症の方への対応を学びました。講座の中では、認知症の理解をさらに深めるために、本校職員も出演した寸劇を取り入れました。まだまだ実感の持てない生徒達でしたが、サポーターの一人として地域を支える役割を担ってほしいと思います。

 受講した生徒の感想を紹介します。「おばあちゃん、おじいちゃんと接する中で、役に立つ内容でした。この講座を受けてよかったと思います。」「何度も聞いてくるお年寄りに、どのように対応したら良いのかが分かりました。」

<取材協力/家庭科>



2016/12/13(火)

1学年で蔵王町「生涯学習出前講座A」を実施しました。

 12月9日(金)に蔵王町教育委員会の生涯学習出前講座を11月に続いて2回目を実施しました。「地域を理解し、地域に貢献する生徒」の育成を目指しての地域学習(ZAP:蔵王あすなろプロジェクト)を行っています。今回は農林観光課・保健福祉課から担当者の先生をお迎えして3班に分かれて講話を行いました。テーマは「蔵王町の農業の現状と課題」,「蔵王町の観光産業の現状と今後の取組」(農林観光課),「みんなで防ごう高齢者虐待」(保健福祉課)でした。各班ともに講師の先生のスライドを用いた説明に真剣に耳を傾けていました。蔵王町各課から現状と課題を聞き,今後の蔵王町を盛り上げるために話合いをしながら対策を考えていきます。役場の講師の皆さんありがとうございました。

<取材協力/1学年>

2016/11/25(金)

「後期あすなろ会総会」を実施しました。

後期あすなろ会総会

 11月18日(金)に「後期あすなろ会総会」を実施しました。生徒全員が集まり、学校全体で課題を協議し、一人ひとりが自分の学校であるという意識を持ち、生徒自らより良い学校をつくろうとすることを目的の一つに行いました。各部や各委員会からの報告もあり、これからの蔵王高校を活性化しようと頑張る生徒達の姿が見られました。

 新生徒会長の加藤竜太君(2年2組)は、新執行部の活動方針の説明と執行部の提出議案の説明を行い、すべての議案が賛成多数で可決されました。会長を中心に執行部の今後の活躍を期待します。 

<取材協力/あすなろ会>


2016/11/25(金)

「MAP(みやぎアドベンチャープログラム)体験活動A」を実施しました。

 11月17日(木)午後にMAPの体験活動Aを実施しました。MAPは県教育委員会が、宮城の児童生徒が学校や地域社会において、豊かな人間関係に基づき充実した生活を送ることを目的に推進しています。本校は推進指定校に今年度から2年間指定されています。

 県内各所から来ていただいたMAPのスペシャリストの先生方に指導していただきました。今回は1年生と2年生で体験活動を実施し、一人ひとりが仲間と協力しあいながら活動し、「仲間との信頼関係」、「心の広がり」、「達成感」や「心の安全」等を得ることができました。

 生徒の感想を紹介します。1年生「川を渡る活動でみんなで協力しながらの活動でとても楽しかったです。」 2年生「特にどんな活動が面白かったというよりも、全体的に笑いが絶えず周りと楽しくできて、普段はなかなか話をしない人とも話すことができて良かったです。」

<取材協力/1学年・2年次>


2016/11/15(火)

「3年次避難所運営模擬体験(防災教育週間中の学習)を実施しました。」

 11月11日(金)に防災士今村幸栄様(本校PTA会長)を講師に迎え、3年次生徒を対象に避難所運営模擬体験を実施しました。3年次生徒が高校生として避難所運営に積極的に協力・活動する態度を、より実践的に身に付けることを目指しました。体験活動では運営側と被災者側に分かれて、運営側は「受付、管理、保健、食料、情報、施設係等」に分かれて仕事を行い、被災者役の「名前、年齢、家族構成等を記したカードを身に付けた」生徒を、適切に避難スペース(畳を敷いてフェンスで囲った場所)に誘導したり、食料を配ったり、時には迷子になった子どもの面倒を見たりと避難所で起こる可能性のあることをシミュレーションしながら体験学習を行いました。

<取材協力/3年次>

2016/11/15(火)

「三遊亭円楽杯ゲートボール大会」に参加しました。

三遊亭

 11月10日(木)・11日(金)の2日間、蔵王町総合運動公園にて、三遊亭円楽杯ゲートボール大会が開催され、県内外から60チームが参加しました。本校から男子チーム、女子チームの2チームが参加し、交流を大切にした和気藹々とした楽しい試合を展開しました。勝敗に拘らず年配の方々と大いに交流することができ、感謝しています。来年も是非参加して、円楽さんのチームと戦いたいです。

<取材協力/ゲートボール愛好会>

2016/11/14(月)

「ICT機器を利活用した公開研究授業を実施しました。」

ICT公開授業1
ICT公開授業2
ICT公開授業3

11月10日(木)にICT機器を利活用した公開研究授業・研修会を本校会場に実施しました。平成27・28年度に教育庁教育企画室よりICT利活用授業力向上プロジェクト事業の実践校の指定を受けて、授業におけるICT機器の効果的な利活用方法について研究・実践を行っています。授業が分かり、積極的に学習に向かう生徒を育てるために、授業においてICT機器の利活用をどのように図っていくか、ICT小委員会が中心に取り組んでいます。昨年度に引き続き、県総合教育センターの加藤進一先生に公開研究授業の指導助言をいただき、宮城教育大学の安藤明伸先生を講師に「頑張らないICT」の演題で御講演をいただきました。本校の教員に加えて、県教育委員会、管内中学校、県内高校の先生方、大学関係の先生方総勢50名を超える参加者になり、実り多い研修会となりました。

 安藤先生には昨年度よりもICTの利活用が日常的になっており、随所に工夫が見られるとの評価をいただきました。教材のデジタル化を図ることでどのようなメリットがあるか等の視点やアクティブラーニングを見据えた学習にICTを効果的に活用することが求められていること等、今後の方向性を御教示いただきました。これからも少しずつ実践を重ねていきたいと思います。

<取材協力/ICT教育推進委員会>


2016/11/14(月)

蔵王高校の授業の1コマ紹介C

オンデマンド

 11月10日(木)に高校教育課の指導主事と宮城教育大学の安藤明伸先生を招き、研究授業を行いました。今回は国語科橋梨奈教諭による授業で、中原中也「一つのメルヘン」を教材に、ICT機器を活用し生徒がプリントに書いた意見をタブレットのカメラ機能を使った画像をスクリーンに映し、クラス全体で共有しながら授業を進めました。詩の中の「さらさら」というオノマトペに着目し、その特色や役割を考えました。本校ではICT機器を利活用して、分かりやすい授業づくりに取り組んでいます。

<取材協力/国語科>


2016/11/11(木)

11月09日(水)

2年次避難所運営ゲーム(防災教育週間中の学習)を実施しました。」

 11月9日(水)に防災士今村幸栄様(本校PTA会長)を講師に2年次生徒対象に避難所運営シミュレーションゲーム(HUG)を実施しました。本校では防災教育週間として、防災士の指導の下、高校生として災害発生時にどのような行動をとらなければならないかを理解するために実施しています。2年次生徒に避難所運営に関する基本事項を理解する目的で学習を行いました。各グループで1枚ずつカードを読み、何歳のどんな人が何人で避難しているかを読み合わせ、避難所の何階のどの位置のどの部屋に避難するのが適切かなどを話し合いながら、ゲームを進めました。

<取材協力/2年次>

2016/11/11(金)

第3回バイク通学許可講習会を実施しました。

バイク通学

 11月7日(月)の放課後に、南蔵王自動車学校で今年度3回目になるバイク通学許可講習会を実施しました。本校ではバイク通学を希望する生徒に、自動車学校の専門スタッフから直接講習を受けることを義務づけています。安全運転を励行し、自分や周りの人の大切な命を守る目的です。交通事故には十分に気を付けていきましょう。

<取材協力/生徒支援部>


2016/11/10(木)

11月08日(火)

「カンボジア ノリア孤児院 岩田亮子さん講演会」を実施しました。

 11月8日(火)にカンボジア、ノリア孤児院で子ども達を支援している岩田亮子様を講師に、蔵王町志教育担当の先生方と共同開催の講演会を実施しました。「魅力ある県立高校づくり支援事業(高校教育課)」により地域学習の一環として、グローバルな視点から地域の課題を考える学習として行い、カンボジアのノリア孤児院の子ども達の様子と岩田さんの自立支援の取組、これからの夢を伺いました。自立を目指すために子ども達がカフェを開店して、昼食に「カツカレー、鍋焼きうどん、ざるそば」等をメニューに営業していることや観光立国であるカンボジアでは、最低限英語ができれば仕事はできることなど伺いました。何よりもさまざまな場面での子ども達の笑顔の写真が印象に残りました。

お礼の言葉として、生徒代表一條円さん(3年次)の挨拶を紹介します。「本日は遠いところお出でいただきありがとうございます。岩田さんの話から、カンボジアでは安全な水を確保することが大変であることや子ども達への教育の大切さがよく分かりました。そして、多くの人達の支援やつながりで順調に進んでいることも分かりました。貴重なお話をありがとうございました。」

<取材協力/進路キャリア形成部>


2016/11/10(木)

11月07日(月)

1学年防災講話(防災教育週間中の学習)を実施しました。」

 11月7日(月)に防災士今村幸栄様(本校PTA会長)を講師に1学年生徒対象に防災講話を実施しました。本校では防災教育週間に、防災士の指導の下、高校生として災害発生時にどのような行動をとらなければならないかを理解するために実施しています。今回の講話では、自然災害についての基礎知識を学び、防災意識を高めることを目的に実施しましたが、日頃より災害に備えた行動や避難所の位置等を確認しておかなければならないことや自分の命は自分で守り、さらに高齢者の方々をサポートする役割もあることを学びました。

<取材協力/1学年>


2016/11/08(火)

11月04日(金)

1学年で蔵王町「生涯学習出前講座」を実施しました。」

 11月4日(金)に蔵王町教育委員会の生涯学習出前講座を実施しました。今年度1学年では、「地域を理解し、地域に貢献する生徒」の育成を目指して、地域学習を行っています。今回は蔵王町の総務課・まちづくり推進課・町民税務課から担当者の先生をお迎えして3班に分かれて講話やワークショップを行いました。テーマは「町の組織と行政の仕事」(総務課)、「町税のしくみ」(町民税務課)、「住民協働社会」(まちづくり推進課)でした。グループ毎に役場の仕事のイメージを話し合う班、未来の理想的な地域像をワークショップ形式で話し合い、発表まで行った班等もありました。まだ基礎的な学習ですが、高校生が地元蔵王町を盛り上げるために試行錯誤しながら進めていきます。役場の講師の皆さんありがとうございました。

<取材協力/1学年>


2016/11/02(水)

10月29日(土)

「あさなろ祭を開催しました。」

 10月29日(土)に本校で「あすなろ祭」一般公開を盛大に実施しました。今年のテーマは「みんながひとつになる瞬間」でした。「あすなろ祭」は昭和49年に生徒会を「あすなろ会」という名称に変更したこの年から続いてきた伝統ある祭りですが、例年に負けず劣らずの盛況ぶりでした。各文化部や各学年・年次の教室展示・発表、中庭をメイン会場に軽音楽部、有志団体の発表、実行委員会企画のビンゴ大会、毎年恒例のお化け屋敷の他に、PTAの皆さんによるバザー・食品販売が行われました。

 保護者の皆様や地域の一般の方々、中学生、高校生たくさんの方々に御来場いただきました。誠にありがとうございました。みんながひとつになる瞬間を創造できました。

<取材協力/あすなろ祭実行委員会>

2016/11/02(水)

あいさつ運動を実施しました。

あいさつ運動

 10月29日(土)早朝、本校校門前でPTA健全育成委員会の委員を務めている保護者の方々が中心となって、あいさつ運動を実施しました。毎日教員2名が校門前であいさつを呼びかけますが、この日は大勢の保護者の方々が「おはよう」のあいさつを呼びかけ、生徒たちもいつもよりも大きな声で応えていました。

<取材協力/PTA>


2016/10/25(火)

10月22日(土)

「JRC部蔵王町産業まつりにボランティア参加しました。」

 10月22日(土)にございんホールで開催された「蔵王町産業まつり」にJRC部が参加しました。蔵王町社会福祉協議会の赤い羽根協同募金の募金活動に協力しました。さまざまな場所で募金活動を行った経験もあり、大きな声で積極的に呼びかけました。

 好天に恵まれ、爽やかな呼びかけに大勢の方々から募金をしていただきました。参加した阿部翠さん(福岡中出身)の感想を紹介します。「ボランティアの参加は初めてで緊張しましたが、大きな声で募金を呼びかけました。子どもたちに風船を配りながら触れ合えたことが楽しかったことです。達成感が得られた一日でした。」

<取材協力/JRC部>


2016/10/25(火)

10月21日(金)

「保健講話を実施しました。」

 10月21日(金)にNPO法人ハーティ仙台の山本初代先生を講師にデートDVに関する講演会を実施しました。テーマは「大切にしたい愛」で、生徒達の事前質問に答えることから講話が始まりましたが、先生からはとても良い質問ばかりですと評価していただきました。NHKの「クローズアップ現代」のDVDやマンガを用いた分かりやすい講話でした。困ったときには警察に相談することなどを教えていただきました。取り返しのつかないものが命であり、大切にしなければならないものであることを学びました。生徒達は熱心に耳を傾けていました。

<取材協力/生徒支援部>


2016/10/19(水)

10月12日(水)

「茶道部が仙南高校総合文化祭に参加しました。」

 10月12日(水)に大河原町のえずこホール(仙南芸術文化センター)で開催された仙南地区の高校総合文化祭に参加しました。日頃の部活動で練習しているお点前を校外の高校生の皆さんや一般の方々に披露しました。参加した日下結理さん(3年福岡中出身)の感想を紹介します。「今回、亭主をさせていただきました。とても緊張しましたが、日々の部活動での練習の成果を発揮することができたので良かったです。また、他校のお点前を見せていただき、直していかなければならないことが沢山見つかりました。この経験を活かして2週間後のお茶会に向けて頑張っていきたいと思います。」

<取材協力/茶道部>


2016/10/18(火)

10月14日(金)

「3年次生徒が年金講座を受講しました。」

 10月14日(金)の蔵王タイムの時間に「年金講座」を開講しました。日本年金機構大河原年金事務所の職員3名から、3年次のそれぞれのクラスで講話を聞きました。就職や進学等進路を決定する3年次生徒を対象に、公的年金制度について説明していただきました。

 20歳になったらどんな手続きを行うか等、年金制度の概要について、わかりやすく説明していただき、生徒たちは真剣に聞いていました。

<取材協力/3年次>


2016/10/18(火)

10月14日(金)

「2年次生徒が職業体験学習の報告会を実施しました。」

 10月14日(金)の蔵王タイムで職業体験学習(インターンシップ)の報告会を実施しました。1学年生徒も参加し、来年度行う職業体験学習の参考に先輩の報告を聞きました。9月6日(火)〜8日(木)の3日間で、27カ所の企業や市役所、役場、医療施設などに受け入れていただき、販売やサービス関係での接客の仕事から保育の仕事など多様な体験をしました。各グループがまとめの学習を行い、学習成果の報告としての発表会でした。

 蔵王町役場の学習に参加したグループの報告を紹介します。「役場は個人情報が沢山あるので、間違わないように注意しなければならない。」「ございんホールの大きな施設の裏側を見て、とても驚きました。」等々でした。

報告会の準備や発表の学習にも真剣に取り組みました。今後の学習に活かしてください。

<取材協力/2年次>

2016/10/13(木)

「第一回体育祭を実施しました。」

体育祭1
体育祭2
体育祭3

 10月11日(火)に記念すべき第一回体育祭を実施しました。この体育祭は前年度に生徒会長を中心に、マラソン大会に代わる体育行事を実施したいとして話合いが行われ、前年度の生徒総会で決議された行事です。「生徒の、生徒よる、生徒のための行事」として本年度当初から準備が進められて、見事に実施できました。

 当日の競技の運営も生徒会役員を先頭に、生徒全員で行われました。各競技種目では、各クラスが一丸となって勝利を目指しました。最終種目のクラス「選抜リレー」には教員チームも参加し、生徒も教員も精一杯応援しました。たくさんの笑顔や真剣な表情があって素晴らしい行事でした。総合成績は第1位が3年2組、2位が1年2組、3位が3年1組でした。特別賞の応援賞は3年3組が受賞しました。

 来年度の第2回体育祭も生徒会中心に生徒の手による開催で盛り上がることを期待したいと思います。生徒の皆さん、先生方お疲れさまでした。

<取材協力/あすなろ会>



2016/10/07(金)

9月30日(金)

「学級経営研修会を実施しました。」

 9月30日(金)に上越教育大学教職大学院教授赤坂真二先生を講師にお招きして、「魅力ある県立高校づくり支援事業による講演会」を実施しました。「話合い活動の充実と学級経営の極意」の演題で、御講話をいただきました。赤坂先生の熱い話に感動し、あっと言う間に時間が過ぎました。学級づくりの基本、子ども達と如何につながるか等、すぐにでも活かしていきたいお話ばかりでした。この講演会で学んだことを活かして、生徒の話し合い活動を充実させ、地域学習に積極的に取り組む生徒を育てていきたいと思います。

<取材協力/研修会担当>


2016/10/06(木)

「あすなろ会が発足しました。」

 9月23日(金)にあすなろ会(生徒会・応援団)の役員選挙がおこなわれ、各立候補者は蔵王高校をより良くしたいという強い気持ちを表明しました。その後投開票が行われ新役員が決定しました。10月3日(月)に後期始業式と同時に新役員認証式が行われました。新生徒会長の加藤竜太君(2年2組)は、「この度、生徒会長になりました。蔵王高校をより良い学校へと変えていけるようにしたいです。生徒の先頭に立ってリーダーシップを発揮するだけでなく、生徒の皆さんを支えられるように日々精進していきます。」と、述べています。また、新応援団長の水野一樹君(2年3組)は、「私は、新応援団長になりました。これまで応援団長に受け継がれてきたことを受け継ぎ、2人の副団長と応援団員の皆さんと一緒に頑張っていきますので、よろしくお願いします。」と抱負を述べています。  新執行部の今後の活躍を期待します。

<取材協力/あすなろ会>